ANKがん免疫療法の面談から治療までの流れ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-511-2014

福岡市中央区大名2丁目9-34アクシブ天神ビル701

免疫細胞療法の資料提供・メール相談(いずれも無料)

ANKがん免疫療法の面談から治療までの流れANK Flow

樋脇院長との面談(医療相談)から始まる、ANK免疫療法によるがん治療の流れをご案内いたします。
免疫細胞療法に興味をもたれたら、お電話やメールにてご連絡ください。

福岡天神ひわきクリニックでは、延命を目指すのではなく、完治を目指すがん治療を行っております。ANK単独投与では医療費用の負担が大きくなってしまうため、あらゆる良いものを組み合わせた「集学的治療」で費用負担を軽減しながらも効率よく行える治療をお勧め致します。

まずはお問合わせください

ANK治療に興味を持ったら電話もしくはメールにてお問合わせください。ANK治療担当者が応対致します。
ANK治療についてのご説明と現在かかっている病名、治療経過などをお伺いします。
疑問に思っていること、不安に思うことがあればなんでもお聞きください。

メール無料相談

無料電話相談


医師面談(医療相談)

樋脇院長から免疫療法について、他の免疫療法との違い、ANK免疫療法の特徴、化学療法との併用などご説明いたします。
面談には事前予約が必要となります。
まずはご予約ください。


申し込み

ご説明に十分ご納得頂けましたらANK免疫療法をご選択ください。
お申し込みの際、リンパ球採取の日程調整を行います。
ANK治療は、すべて保険外治療となります。


リンパ球採取

培養に必要なリンパ球の採取を行います。
専用の血液成分分離装置を用い、リンパ球を採取していきます。個人差はありますが、リンパ球採取は3時間を目安にしてください。
培養期間は3週間です。


点滴治療および治療間隔

培養によって増強・増殖したリンパ球を点滴により体内に戻します。
標準治療期間は12回の治療で6週間。
治療間隔は週2回。
が目安ですが、患者さんの状況で異なります。
詳しくは医師とご相談ください。
点滴治療はANK拠点医療機関で行うことができます。ひわきクリニックは北九州市小倉北区と福岡市天神に御座いますので、最寄りの当クリニックでご相談ください。
化学療法・放射線療法の治療及び分子標的薬とANK治療の併用につきましては医師とご相談下さい。


治療完了


福岡天神ひわきクリニック福岡天神ひわきクリニック

〒810-0041
福岡市中央区大名2丁目9-34アクシブ天神ビル701
TEL 093-511-2014